映画・演劇

映画『センセイ君主』を鑑賞した感想 <少女マンガ実写化映画レビュー>

 

おませな娘にせがまれて2018年8月1日に公開された『センセイ君主』を映画館で観てきました〜。

失礼ながらあまり期待せずに足を運んだものの、思いのほか楽しく明るい気持ちになれたので、年齢にかかわらず(笑)オススメしたい映画です!

 

映画 センセイ君主

映画版『センセイ君主』あらすじ

告白7連敗中の佐丸あゆは(浜辺美波)は、恋に恋するパワフル女子高生。ある日、クラス担任の代理でやってきた、イケメンだけど冷徹でヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(竹内涼真)に恋をしてしまう。どんなにバカにされても「絶対に先生をおとしてみせます」と大胆発言!「そこまで言うならおとしてみなよ」―ここからあゆはの全方向に間違った恋の猛アタックが始まる。そんな二人の恋愛バトルにあゆはの幼馴染・虎竹(佐藤大樹)、あゆはの親友・アオちん(川栄李奈)、更に音楽教師で弘光の幼馴染・秋香(新川優愛)も参戦!?果たしてあゆはと弘光の“恋”の行方は!?

 

幸田もも子先生原作マンガのコメディ要素たっぷりなところが
映画版でも余すところなく発揮されていた印象でした♡

ハートのゆるキャラっぽいCGが、あゆはの心情を巧みに表現していて
終始テンポよくストーリーが進むので飽きることがなかったです。
演出も全体的によくまとまってるし、監督の手腕が光ってるな〜誰だろ?と調べてみたら『君の膵臓を食べたい』などで有名な月川翔監督でした。近日公開『響 -HIBIKI-』の監督もされているようで、こちらはシリアスな雰囲気ですが予告を見てかなり気になりました!

あゆは役の浜辺美波ちゃんの演技は素晴らしかった〜。
特にギャグパートのところ、変顔したり胸揺らしたりかなり振り切れてて笑いました!
なのにラストの卒業式の日、清純で可憐な雰囲気の女の子は誰?ってくらい印象が変わって一気にファンになっちゃいました♡

弘光由貴先生役の竹内涼真くんは言わずもがな、メガネが似合っててかっこよすぎて眩しかった。。
原作弘光先生のクールで意地悪な雰囲気は、映画ではマイルドになっていたけど
何やっても絵になるシーンばかりでこんな先生いたらヤバいです。秒で惚れそうです。

弘光弟がちらっとでも出てこないかなと勝手に期待したけど、そこは会えなくて残念…笑

あゆはの友達のアオちん役、川栄李奈ちゃんはドラマアシガールの阿湖姫とは全く違ったキャラで、もしかしたらあゆは以上に変顔してたかもってくらい、表情や仕草がぶっ飛んでて
めちゃくちゃ印象に残りました!演技がすごい上手〜!!

虎竹役の佐藤大樹くんは概ね原作のイメージ通り。最後あゆはの背中を押すようなかたちで
自分の想いを伝えるというエピソードはなかなか良かった〜。
エンドロールのオフショットでは、ダンスを披露してる様子が見られて面白かったです。

 

鑑賞中はほとんど笑ってましたが、まさかまさかの涙ぐんでしまうシーンまでありました…
弘光先生の夢を応援するため、先生との別れを覚悟したあゆはが学園祭のコーラスで
ジュディマリのOver Driveを泣きながら歌うシーン。
あゆはの切ない表情、それを気にかける先生の様子、個人的に大好きな曲という要素が重なって、しばらくハンカチが手放せませんでした。笑

 

原作ではあゆはの在学中に付き合うことになりますが、映画では数学の研究に専念するため
フランスに渡った弘光先生が賞を獲り、あゆはの卒業式の日に帰国して迎えに来る…
という終わり方でした。

卒業式の日、あゆはの理想を詰め込んだ恋ノート(?)に、先生がひとつひとつ返事をするかたちで気持ちが通じ合うという演出が素敵で心に残りました!

最後は無難でしっとりとした(わたし的には納得のいく)エンディングでしたが
全体的にはたくさん笑えたので、娘と「あそこが面白かったね〜」なんて話しながら
明るく楽しい気持ちになれた映画館からの帰り道でした♡