マンガ

金色のコルダ大学生編 LaLa DX 1月号 最新話(第1話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

2017年12月10日に発売されたLaLa DX 1月号にて、『金色のコルダ 大学生編』の連載が

スタートしたので早速読みました!

 

 

金色のコルダ 大学生編 第1話の感想

 

相変わらずビジュアルが美しい、久々にコルダの面々に会えて嬉しかったです。

高校生の頃と比べると、みんな外見が大人っぽくなっていて素敵。

私の期待通り、香穂子や土浦は星奏学院大学 音楽学部2年生、冬海ちゃんや志水くんは1年生、

火原先輩は3年生からのお話でした。(衛藤くんだけ高校生…)

 

 

まず土浦、ピアノ専攻ではなく指揮科に入ったんですね〜。

土浦のリーダーシップあふれる性格にはすごく合ってそう。

いつか土浦の弾き振りを見てみたいですね♡

容姿も大人っぽく格好良くなっていて、相変わらず香穂子と仲が良いので

学内では「あの二人付き合ってるんじゃない」と噂されてます。

 

 

 

次に志水くん。彼もチェロではなく、作曲を専攻しています。

すでにアイドルに曲を提供して、TV番組まで出た有名人になっちゃってます

ヘッドホンをしているのに香穂子の声だけはしっかり聞き分け、

香穂子に呼びかけられると満面の笑みになる志水くん。

高校生の時よりずっと香穂子への愛が深まっている様子に見えます。

一体何があったんだろう!?(そして引き続き安定の可愛さ)

 

 

 

いつも元気な火原先輩も、第一話目からご登場で嬉しいです〜!

火原先輩はトランペット専攻ですが、先生になるために教職課程を履修しているようです。

「火原先輩みたいな先生いいなぁって…」と香穂子が褒めると照れる火原先輩。

相変わらず香穂子のことを意識し、すっごく好きそうな雰囲気を醸し出していますね。

 

 

 

あとは月森。やっぱりまだウィーンに滞在してヴァイオリンを頑張ってます。

eメールではなくあえてエアメールを香穂子に書いて送っているとのこと。

それを「月森くんらしい」と喜ぶ香穂子の表情がなんとも可愛らしい…

 

 

 

 

うんうん、二人の仲は順調で何より!と安堵した次の瞬間、衝撃の事実が。

 

“二人はまだ付き合ってない” by 天羽ちゃん

 

えー!?そうなの!??と読者の私もびっくりですよ!

月森は確か旅立つ前「君の音にも、君自身にも惹かれた」って香穂子に伝えてたので

てっきりそれが告白かと思ってたんですが…

 

相思相愛には間違いなさそうですが、まあ、付き合ってない設定の方が、

他の男性陣も希望が持てて良いのかもしれませんね。

天羽ちゃんも「あの子はまだ月森くんのものではないわよ?」と土浦に発破かけてたし。

 

あれ?だけど土浦は高校生の間にきちんと気持ちを伝えて振られてませんでしたっけ。

それとも香穂子が振り向いてくれるのを気長に待つことになったんでしたっけ。。

もう一度コミックスを読み返してみようと思います。

 

まだ他にも、柚木先輩や加地くんなど(わたし的に大好きなキャラが)

登場していないので、現在どうなっているのかすごく気になります!

香穂子が自分の道を見つけていく過程も見所だと思うので

金色のコルダ大学生編、これからの展開が楽しみです!

 

関連記事

【漫画】金色のコルダ大学生編スタート!のお知らせに妄想を膨らませる

金色のコルダ1〜17巻 一気読みした感想【おすすめ漫画レビュー】