ゲーム

【剣が君 for V の総評】フルコンプした感想 <攻略レビュー・ネタバレあり>

剣が君 for V』(PS Vita)を4週間かかってクリアしました!

実は全ルート・全スチルフルコンプリートしたゲームソフトは、剣が君が初めて。

あんなに夢中になっていた三国恋戦記でさえ回収していないバッドエンドがあるのに

剣が君を全クリアできたのは、素晴らしいシナリオと美麗なイラスト、壮大なBGMによる

独特な世界観にハマってしまったのが理由です。

 

 

主人公にとって、プレイヤーにとって、様々な解釈ができるシナリオが用意されているので

剣が君にはもしかしたらハッピーエンド、バッドエンドという概念がないのかもしれません。

どのシナリオも十分な丈でよく作り込まれているので、全て読まないと勿体無いと感じます。

 

以下、それぞれ印象に残った(もしくは一番好きだった)ルートの

キャラ別感想を残したいと思います♡

 

九十九丸

 

最初に攻略した九十九丸のシナリオの奥深さに衝撃を受けましたが

全クリアした今でも一番強く印象に残っています。

どこでルート分岐したのかわからないくらい、剣ルートも君ルートもそれぞれ全く異なった

結末になっていて、どれも興味深く最後まで夢中で読み進められました。

 

九十九丸のシナリオで一番好きなのはハッピーエンド感が強い【幸魂エンド】です。

オトナ九十九丸、誠実で気遣い上手な内面そのままに外見だけカッコよく大きくなっちゃって

わたしの中でキャラ好感度No.1♡

剣の道を捨て料理茶屋の店主として香夜と共に生きるので、伝書を授かることを目標としていたことに

どう折り合いをつけるのかな〜と思っていましたが、FDである百夜綴りの師匠とのエピソードで

なんとなく落とし所を見つけることができて良かったです。

 

とはいえ、一番お気に入りのスチルは無銘刀に香夜の名前をもらう小さい九十九丸のこのシーン。

 

剣が君 九十九丸 キスシーン

 

鷺原左京

 

二人目に攻略対象に選んだのは左京さん。

花嫁行列の道中、穏やかな物腰とは対照的に鬼に対する怨念のようなものが

見え隠れしてどうにも気になる存在になっていました。

女性のようなきれいなビジュアルなのに剣の腕も一流、

一人称が「わたくし」というもの品があって魅力的です。

 

左京さんルートは荒魂も奇魂もどちらも妖刀に取り憑かれ無差別に人を斬り殺し

最終的に亡くなってしまうので涙なしには見られませんでした。

一番好きなのは、左京さんが本懐を遂げ、鷺原家を復興させることができる【和魂エンド】です。

二人が共に左京さんの故郷山城国に移り住み、幸せに暮らす様を見られて嬉しかったです。

偽の花嫁行列から本物の花嫁行列へというエピソードもこのルートならではで、

当主・当主の妻としての二人の装いや立ち振る舞いがすごく素敵です。

 

剣が君 当主になった左京と香夜

 

鈴懸

 

前章や前二人のルートをやって、鈴懸っていい子だよな〜癒されるな〜と常々感じていました。

恋愛から一番遠いところにいそうな純真無垢な鈴懸が、香夜のことを女性として意識するようになる

過程が楽しみでワクワクしながら読み進めていました。

 

自分の中で初めて芽生えた感情 “嫉妬” に気づいたきっかけは、なんと九十九丸の存在。

九十九丸と香夜が親しげにしているところを目撃して、珍しく感情に任せて攻撃的な態度をとる鈴懸に

それだよ!!そういうギャップが見たかった〜!とかなり萌えてしまいました。

 

鈴懸のシナリオで一番心に残ったのは、鈴懸が一番刀になって家光様の側近として

仕える【荒魂エンド】です。

妖怪と人間が共に暮らせる社会を作るという信念を持ち、お役目のために奔走する日々。

香夜と会うためこっそり夜中に城を抜け出し、短時間の逢瀬を重ねる二人が切なく愛しいです。

 

剣が君 夜密会する鈴懸と香夜

 

 

は、道中の宿で他の護衛と一緒にお風呂に入らないことを訝しく思っていて、

誰のルートだったか忘れたけど、左京さんが「お前そのハチマキとってみろ!」と螢に

迫っていたのを目撃して、この人はもしや…と疑っていたらやっぱりそうでした。

 

喧嘩ばっかりしてたのにいつのまにか螢のことを好きになっていた…という

少し唐突さを感じるルートもありましたが、鬼に対する差別や偏見を無くしたいという

一貫した信念を持つ螢は男前に間違いないです。

 

螢のルートは辛く悲しいものが結構あったなぁ。。

せっかく剣取りを果たしたのに暗殺されたり、鬼だとバレて辛い逃避行になってしまったり。

一番好きなのは大団円の【奇魂エンド】です。

御前試合で剣取りを果たし、鬼たちにとって住みやすい世の中を作るための第一歩を踏み出し

香夜とも色々あるけれど最終的には結ばれるというエンド。

剣だけでも君だけでもない両方を手に入れたこのシナリオの満足度は1、2を争うくらい高いです。

 

剣が君 螢  山吹のシーン

 

 

縁(信春)は予想よりヘタレというか、内に苦悩を抱えていたんだなぁと意外性のあるキャラでした。

いつもおちゃらけたことを言ってみんなを和ませるのに、自分の存在意義について

深く悩んでいる様子のギャップが何とも言えず切なかったです。

 

私が一番好きなのは縁が重傷を負ったことをきっかけに記憶喪失になる【奇魂エンド】です。

三日月宗近を手に入れた後の記憶がすっかりなくなってしまっても

香夜のことはなぜだか特別に感じている。だけどはっきりとは思い出せない。

香夜も身分違いの恋など叶うはずがないと分かっていながらも惹かれる想いを消すことができない。

二人のやり取りがあまりに切なくて涙が溢れてきます。。

 

剣が君 記憶喪失になった縁(信春)

 

幸魂エンドの剣を捨てて畑仕事に生きるルートは、なんだか縁っぽくなく無理があるように感じて

本人たちは幸せなのでしょうが、プレイヤーの私としてはあまり好きになれませんでした。

荒魂では縁が亡くなって悲しかったけれど、後日談の辰影様との会話で少し救われた気分。

和魂の御用聞きとして奔走する縁は生き生きとしていて、なかなか面白い結末だなぁと感じました。

 

黒羽実彰

 

実彰さん、前章の花嫁行列のときから感じていたんですが、常識人で頼りになるので

一緒にいて一番安心できる存在でした。

香夜との会話も至極自然で、落ち着いた大人の男性ってやっぱり素敵だと再確認(確か最年長?)

 

鈍い私、まさか実彰さんが剣聖大典太とは気づきませんでしたよ…!言われてみればなるほど〜。

そんな凄腕で博識なのに随所に見せる照れたような表情が可愛すぎです。

 

一番好きだったのは、実彰と香夜が料理茶屋を引き継いで切り盛りしていく【和魂エンド】です。

香夜のお父さんが再婚しちゃったのはちょっと寂しいけど、実彰さんの店主姿が板についてて

幸せそうな二人にほのぼのしちゃいました。

 

剣が君 料理茶屋を営む実彰と香夜

 

縁とは違って、実彰が剣の道をきっぱり捨てることに対しては中途半端な感じを受けませんでした。

隠れキリシタンの島へついて行ってひっそり暮らすよりも、香夜にとって慣れ親しんだ江戸で

二人で明るく幸せに暮らせる方がしっくりきます。

 

キャラ別好感度ランキング

 

一応恒例っぽい感じで、キャラクターを好感度順に並べてみます。

順位はつけたものの本作のキャラは全員大好きです〜!

 

九十九丸 > 左京 > 鈴懸 > 実彰 > 縁 > 螢

 

九十九丸と左京さんはそれぞれ違う良さがあって実質同率一位かな。

九十九丸の裏表のない優しいところ、左京さんの嫉妬深く時々見せる強引な顔、かなり好きです。

鈴懸は清涼剤のような、一緒にいるだけで癒される人。

実彰は周りがよく見えている大人。だけどハバキ憑きのあしらい方が面白い。

縁は正直、記憶喪失になったときの方が好きです。

螢はもともと男気溢れててかっこいいけど、デレてからがなお良し。

 

最も泣けた二つのシナリオ

 

1. 鈴懸の奇魂ルート

 

鈴懸が妖怪を庇って、徳川方が放った矢に打たれて死んでしまうエンド。

その後高尾山を訪れた香夜が、カルラの導きと山の霊力のおかげで

一瞬だけ鈴懸に会うことができ、彼から「どうか幸せになって」と告げられます。

どうしてあなたが身代わりにならなきゃいけなかったの…

ただ傍に居てくれるだけで他には何もいらなかったのに…

鈴懸の信念は理解できるけど、香夜の本心としてはただ生きていて欲しかった。

口づけしながら透けていき、風になって消えていく鈴懸の姿に号泣です。

 

剣が君 鈴懸 お別れのキス

 

2. 左京の奇魂ルート

 

妖刀に操られ続けることを拒否し、池の中に沈んだ左京の後を追うも

死ぬことは叶わず現世で一人生き残る香夜。

その後蛍の光に導かれるように池に向かった香夜は、一目でいいから会いたいと

願った左京の姿を見られることに。。

それがたとえ最後の、一時の逢瀬だとしても二人にとっては何ものにも代え難い

喜びだったはずだと、心中を想像して胸が締めつけられます。

 

剣が君 左京 再会のシーン

まとめ

 

何だかまだ書きたいことが山ほどあったけど、総評なのでこの辺りで終わりたいと思います。

剣が君の世界観にハマることができ、本当に楽しく幸せな時間を過ごすことができました♡

歴史物好きな方、甘いだけじゃなく切ない物語も好きな方、長髪キャラ好きな方に笑

強くおすすめしたいです〜!!

 

関連記事

【剣が君】九十九丸をクリアした感想<剣・君ルート攻略レビュー>ネタバレあり

剣が君 for V (PS Vita)を始めた感想<九十九丸のネタバレあり>