ゲーム

ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)のスキル継承で失敗した4つのこと

今年の6月から今のところ無課金でFEHをプレイしてますが、英雄が197/200と

キャパシティ限界に近づいてきたので、スキル継承なるものを始めました。

 

スキル継承とは

 

スキル継承とは英雄から英雄へ、一部のスキルを引き継ぐことができる新要素です。

仲間のスキルを一度に3つまで継承することができます。

継承されたスキルはスキル習得すると使用可能になります。(習得に必要なSPは1.5倍となります)

主要キャラのスキルを変更することができるので、戦闘での使い勝手が格段に上がります。

 

私の失敗談その1

 

継承元キャラからスキルを一つだけ選んで、誤って決定ボタンを押してしまいました。

 

<一つ選ぶ→決定>の繰り返しを3回やるものと勘違いしていたのか、

もしくは手がすべってしまったのだと思われます。

カミラの【飛燕の一撃1】のみ選択して星5カゲロウに与え、星4カミラ消滅。

本当は【死の吐息1】【死の吐息2】【死の吐息3】を継承したかったのに意気消沈です。

 

失敗談その2

 

こちらの方がさらに痛いミスですが、継承元キャラのSPを貯めて習得してからでないと

スキル継承ができないと思い込んでいました。

なので、継承元キャラのレベルを30付近まで上げて必要なスキルを習得したうえで

スキル継承→消滅させるという無意味なことを長らく続けていました。

SP貯めに費やし無駄にした数十時間が、非常に悔やまれます。

 

失敗談その3

 

2の続きのようですが、継承元キャラのSPを貯める目的で、

ダブった(重複出現した)キャラを重ねて限界突破していました。

5人ほどいた星3レイが、5人全員限界突破したため実質一人となり

【攻撃の応援】スキルが一人にしか継承できないという悲しい事態になりました。

 

失敗談その4

 

送還するくらいならスキル継承しようという軽いノリで、評価の低いキャラから順に

星5の主要キャラに継承していましたが(スキル欄を全部埋めて格好つけたかった)

このスキルはやはりこちらに継承すれば良かった」と、いくつか戦闘を経験した後に

後悔することがありました。

 

例えば元々火力が高い星5総選挙リンに、前述の【攻撃の応援】を継承させたものの

遠距離攻撃で確実にワンパンできるよう、むしろ応援されたいよ!!と痛感。

総選挙リンのような攻撃力の高い先手必勝タイプや、バフ効果を攻撃値に加算できる

サーリャやニノの補助ができるキャラを選べば良かったです。

 

なんとなくこのスキル持っていれば役に立つかな〜という浅はかな考えではなく

キャラクターの特性や立ち回りをじっくり考慮して継承する必要がありますね。

じゃないと、消滅していった英雄たちが報われないですね。。

 

私のような失敗をされている方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、

これから初めてプレイされる方の反面教師としてお役に立てれば幸いです。