マンガ

デザート 2018年7月号 春待つ僕ら 恋わずらいのエリーなど最新話の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

ブログテンプレートを変えて初の更新!

漫画は色々読んでるのになかなかレビューを書く時間が取れず、気づけばまた2週間以上経ってました…

2018年5月24日に発売されたデザート7月号(講談社)を読んだのでサクッと感想を。

 

春待つ僕ら 43話 「みんなで”HOT” SPRINGその3」

温泉旅行の夜、ふらりといなくなったあやちゃんを瑠衣、永久、美月で探しに行くことに。

探してる間、瑠衣が美月を優しく元気づけ、美月が瑠衣の肩をガシッとつかむシーンに

瑠衣もやっぱり美月のこと…!?と感じたのは多分気のせいで、

男女の熱い友情に変わったような雰囲気でほっこり微笑ましかったです。

 

お部屋で留守番組のナナちゃんが恭介さんに「神山と永久のことどう思う?」と聞かれて

「永久くんと美月ちゃんってお似合いだし、くっついたら上手くいくだろうと思うけど

そういう人って今後も現れる可能性はゼロじゃないじゃない?」

でも美月ちゃんにとっての神山さんみたいな存在は もう現れないからなぁ…

 

との返答に、おおー!!あやちゃんに風が吹いてる〜!!と大興奮したのも束の間、

”美月にとって神山さんが大事なら、それを受け入れて進んでいく”と美月を挟みながら

あやちゃんの前で明言し、以前よりもはっきり意思表明(ライバル宣言)する永久。

 

デザート7月号 春待つ僕ら 43話

 

永久ってぼーっとしてるようで色々気づいて自分の頭で考えてるし、器が大きいよなぁ。
やっぱ…美月には永久なのかな。笑

僕と君の大切な話 21話 「東くんはペンを取る」

 

男とは〜女とは〜の論争はお休み中の東くんと相澤さん。

冬休みの間ほぼ毎日のように会っていた二人、「また来ようよ」という東くんに

「それってデートのお誘いかしら?」と突っ込む相澤さん。

「え、あ、いや…」と口ごもる東くんに「デートだったらいいなって思ってる」と

顔を赤らめながらはっきり伝えた相澤さんが可愛い!!

ついに相澤さんの気持ちに気づき、異性としてがっつり意識し始めた東くんですが、

なにやら秘密の趣味があるようで、小説か何か書いている様子。

相澤さんを思い浮かべて新規に創作するのかしら…♡

 

恋わずらいのエリー 27話「#頑張ってください!」

 

オレがもうこうしたい(みんなにエリーと付き合ってることを打ち明けたい)」

とエリーの手を取るオミくんに、

「ふ……ふつうに恥ずかしい」「うっ嬉しいんですけど、みんなの前でってのは…先生もいるし」とめちゃめちゃ可愛い顔して照れるエリー。

結局オミくんだけ先に行って二人の関係がバレることはなかったけど、

要くんと接近しているところを他の生徒に見られていたエリーが、要くんと付き合っていると噂に。

 

クラスメイトに噂の真相を追求され苦しい表情を浮かべるエリーを見て

なんでオレ、こんなのと付き合ってることになってんの?ありえないんだけど。

ってかこの人誰?ってくらい興味ない」ときつい言葉で否定する要くん。

 

エリーとの噂が本当になればいいと思ってたけど、今は好きな人が悲しんだり傷ついたりする姿を見たくない、そのためなら嘘をつくという…

要くん、真実の愛に目覚めてしまったのですね!

そのやり取りを見ていたオミくんが要くんの後を追い「こんな終わり方でいいの?」

と声をかけると、要くんが「オミくん、好きだよ」って。。

え!?なんだか面白い今回のラスト。

”エリーがオミくんを好きな理由が分かる” ”オミくんには叶わないや” って意味なのかな?

続きが気になります〜♡