きみはかわいい女の子

きみはかわいい女の子 5巻 の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

 

別冊フレンドで連載中の『きみはかわいい女の子』(いちのへ瑠美)5巻を読みました!

 

内容紹介

季節はバレンタインが近づく2月♪ 登校中にハートのピンを落としてしまった小枝は、捜している途中にかつての同級生・清藤と再会してしまう…!! 中学のころの消したい記憶がよみがえって、気持ちが落ち着かない小枝に、清藤が意外な言葉を口にして…。小枝とマサムネ、2人の恋に波乱の予感――!? 新展開突入で本誌人気もますますUP☆ 恋愛不器用女子のピュアフル・スローステップラブ、第5巻!

 

 

きみはかわいい女の子 5巻 の感想

 

こちらの作品はブックストアでピックアップされていたのをきっかけに知り、

なんとなく1巻を読んでみたら気になって一気に5巻まで大人買いしてしまいました。

 

少し幼なめの絵柄だけど、整っていて魅力的(特に男の子)だったのに加え、

主人公たちの自然体っぷりに読んでいて癒されるのが一番惹かれたポイントでした!

 

 

フツーの少女漫画じゃこんなにぶっちゃけないんじゃ??っていうことまで

お互いに伝え合うし、行動に出すしで、まっすぐな主人公たちが本当に可愛いです。

こんなに素直に自分の気持ちを伝えられたらどんなにいいだろうって

読んでいて無条件に幸せな気持ちになります。

 

マサムネくんは素直だけどクサくなく、可愛いんだけど男らしいところもあり、

ほんとちょうど良いバランスの男の子。

小枝ちゃんもコンプレックスを克服しようとする前向きなところ、

からかわれてすぐ真に受けるところ、思ったことを口に出して伝えるところが

同性から見てもすごく可愛いくて、読んでる私もなでなでしたいくらい。笑

 

登場人物の数もそんなに多くなく、ストーリーもよくある話のはずなのになぜか退屈しないのは、

飾らない二人のキャラが魅力的だからってことに尽きるかもしれません。

言葉選びや空気感、エピソードもすごく自然な感じなので

甘々な展開でもいつまでも見ていられます♡

 

5巻では、清藤くん(小枝ちゃんの中学時代の同級生=おそらく小枝のことを好き)が現れたので

これから三角関係になりそうな予感。

マサムネくんがどんな風に対峙していくのか、新展開がちょっと楽しみです。

次の6巻は2018年1月発売予定です〜!