ハイキュー!

ハイキュー!!33巻の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

久々に『ハイキュー!!』(古館 春一・ジャンプコミックス)最新33巻の感想を。
ハイキュー!!は1巻から最新刊までずっと読み続けている大好きなスポーツマンガのうちの一つです。

内容紹介

稲荷崎の攻撃を、月島と連携し再び防いだ日向!! “あと1点”で勝敗が決まる緊張の中せめぎ合いは続き、決定打を求めて攻撃のリズムが上り詰めたその時…!? 試練と躍進の対稲荷崎戦──決着!!

 

ハイキュー!! 33巻の感想

 

長く読み続けてもハイキューに飽きがこないのは、仲間、対戦相手に関わらずキャラクターのバックグラウンドや心情が丁寧に掘り下げられているところが一番かなぁと思います。

指導者、サポーター、プレイヤー、プレイヤーの中でも天才、秀才、凡人とそれぞれの立場からバレーに対する想いや姿勢が細かく描写されているので、必ず誰かに共感し応援したくなるのです。

また、テクニカルなことも比喩を用いながら伝分かりやすく表現されているのも
バレーにあまり詳しくない読者にとって親切だし興味を掻き立てられます。

 

32巻だったかな? ”ローテを回すことによる局地戦” は、思わずなるほど〜と唸ってしまいました。ブロックのシャットアウトが少ない月島は、素人目にはあまり仕事をしていないように見えるかもしれないが、実はずっと辛抱強くアタックのコースを限定できるところへ飛んでいるので後ろのレシーバーが入りやすいという解説にも納得。

プレイヤー一人一人が考え行動していることが、チームとして機能し成長している様から
バレーボールというスポーツの魅力が存分に伝わって来ます。

 

33巻では表紙にもなっている翔陽の活躍が目立ちましたねー!
直感や運動センスに任せて動くタイプかと思いきや、合宿で養った観察力、予測能力を発揮し、まぐれではないドンピシャのレシーブをあげた場面では鳥肌が立ちました!!

試合終盤になって無意識に球運びが早くなり自分たちも苦しくなる中、「楽してこうぜ」と翔陽が上げた高く優しいファーストボール。周りを見られるようになった、そして自分のやりたいこと(攻撃)だけやるのではない守備面での翔陽の成長を感じて私も泣きそうになりました。

「はやさ」は無敵なんかじゃない、と最後の1点を一年生コンビでブロックしてもぎ取ったのはめちゃくちゃ格好よかったな〜。その神がかった”はやい”領域に達している二人だからこそ分かる弱点…

あと1点取られたら負ける…と怖気づくのではなく、ここであげた奴がヒーローやという思考を持てるプレイヤーたちはサブタイトルの通りバケモンたちだと感じました!

 

稲荷崎との死闘を制した烏野のみんなが、テレビで試合を振り返ってアレコレ言い合うところには爆笑しました。
スガ先輩の”やべえ顔”、そして旭先輩の”殺ってそうな顔”…

ハイキュー33巻の一コマ

 

こういった仲間同士での和気藹々としたノリ、青春って感じでうらやましい♡
旭先輩は見た目と中身のギャップがありすぎて、本人は狙ってないのに自然と笑いを提供してくれるところが大好きです!

33巻終盤では、ついに”ゴミ捨て場の対決” 音駒高校との試合が始まっています。
研磨が翔陽の存在によって感情を揺さぶられるところを見て見たいし、黒尾さんと月島の
静かに炎が燃え上がるようなMB対決も密かに楽しみにしています〜!!