アシガール

アシガール9巻とココハナ12月号 最新話(68話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

ずっと前から気になっていたアシガール1巻〜9巻(森本梢子)を一気読み&

ココハナ(cocohana)12月号の最新話を読みました!

内容紹介

紆余曲折の末、やっとのことで若君の正式な許嫁になった唯。婚礼の日取りが決まって浮かれていたのもつかの間、和議を結んだはずの高山が挙兵するとのしらせが! 一方、若君の兄・成之と松丸家の阿湖姫の間に進展が!? 驚天動地の第9巻!!

 

 

アシガール9巻とココハナ12月号 最新話(68話)の感想

 

噂には聞いていたけど、このマンガほんっとに面白いです!

実写化されるだけありますね〜(ドラマの若君はちょっとイメージ違うけど)

忠清様が優しくてカッコよすぎ、唯ちゃんの猪突猛進なキャラが面白いし可愛い♡

 

戦国時代が舞台って楽しいな〜。当時の暮らしぶりも分かるし、

戦の陣形の話とか、三国志のゲームを思い出してまたやりたくなりました(←ソコ?)

 

若君と唯は近づいたと思ったら離れるを繰り返し、一筋縄ではいかない展開がもどかしく切ないです。

なかなか簡単に会えない二人ですが、その間にも脇を固めるキャラたちとのやり取りが濃く

面白いので飽きることなく読み進められます。

 

9巻では、最初はただの憧れから始まった若君のことが、ついに

自分よりも何よりも大切な存在にまでになったんだなぁと感じました。

何のために はるか遠くから来たか 思い出すんだ

と、自分が若君との結婚を諦めてでも彼の命を守りたいと言う唯が健気で、

また若君も同じように唯を想っていることを知って幸せな気分になりました。

コメディ部分が多いように感じますが、実は思いっきり純愛の話ですね。

 

 

ココハナ最新話では、小垣城にたどり着いた唯が若君との婚礼の儀を済ませ、

いよいよ閨チャレンジ3回目へ。笑

唯は不眠で城を目指してたから、いざと言うとき寝落ちしてタイミングを逃す

パターンかなと想像していたら、思いのほか切ない展開となりました。

 

部屋で待ちくたびれた唯が倒立前転?をしてるところを見つけて笑う若君。

そんな唯を、何気ない話をしながら抱きかかえて寝床へ。

まだ気持ちが整ってない、「怖がってる女には何もしないんでしょ」と逃げ出そうとする唯を

たわけ 夫婦の間で遠慮はせぬ」と言って後ろから抱きしめる若君。

 

キャーついに〜!!!

 

 

 

 

…と、ドキドキしましたが、

 

明日大軍が攻めてくること、もう二度と会えなくなるかもしれないこと、

不安や寂しさなどいろんな感情が入り乱れて唯の目に涙が溢れてきます。

現代で当たり前のように一緒に過ごし、何気ないことを普通にできる姿を思い浮かべて、

それができない切なさや苦しい気持ちが痛いほど伝わってきました。

結局、若君は唯の髪を優しく撫でながら、二人はただ寄り添って眠ります。

 

 

いよいよ物語はクライマックスに近づいている予感がしますね〜。

何度も読み返したくなるくらい大好きな作品なので

終わってほしくないですが、二人のハッピーエンドは見たいです!

 

若君と一緒に居ながらも、実の父や母、尊と会うことができ、

羽木一族も助かる方法がないかなぁ…。

個人的には忠清様が現代にタイムスリップした4巻が神巻だったので

今度はみんなそろって現代に来て〜なんて勝手に期待してます♡

 



関連記事

アシガールの若君がかっこよくて魅力的!各巻の見所など紹介

アシガール ココハナ1月号 最新話(69話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

ドラマ『アシガール』を観た感想とマンガの結末予想