マンガ

古屋先生は杏ちゃんのモノ 1〜2巻 の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

ブックストアでたまたま見つけて、絵がきれいだな〜と1巻を試し読みしたら

そのまま続きが気になって2巻まで買ってしまいました。

2017年6月23日に発売された 古屋先生は杏ちゃんのモノ 2巻(香純裕子 作)。

 

内容紹介

カフェでプロポーズに玉砕し、人前で号泣…。しかもプロポーズ相手とはキスしたこともなく、彼氏とすら思われてなかった…。そんな残念教師・古屋先生(でも無駄にイケメン)の意外な一面を知り、恋に落ちてしまった杏! 積極的に迫るけど、残念な男のくせに先生のガードは予想以上に固く…!?
痛快・禁断コメディ!!

 

 

古屋先生は杏ちゃんのモノ2巻の感想

 

驚いたのが、こちらはなんと集英社の『りぼん』掲載作品!

りぼんといえば小学生のとき読んでましたが、最近では少し対象年齢が上がってきたのかな?

 

先生と生徒の恋愛モノは、漫画ではありふれたテーマですが

この作品に登場する『古屋先生』のヘタレ具合は今までにいないタイプで

めちゃくちゃイケメンに描かれている外見とのギャップが面白いです。

 

セリフが関西弁のせいか、登場人物たちの小気味好いかけ合いも良いですね。

例えば、お試しで付き合い始めたドライブデート中に、先生が杏ちゃんに

「楽しませてもらったお礼や」と綺麗な景色を見せてあげるところ。

二人ともいいムードでシリアスな感じで続くかと思いきや(画面割もそんな感じ)

 

 

ホントちょろ過ぎ…(きれいな景色を見せてもらっただけで即求婚なんて軽すぎ。笑)

こんなコミカルなノリでちゃんとオチもあるので、毎回どこかでクスッときちゃいます。

ギャグのセンスが良いところ、中原アヤ先生の『ラブ☆コン』を懐かしく思い出しました。

 

展開的には二人はいずれちゃんとしたお付き合いを始めるというのが既定路線でしょうが、

同級生の君嶋くんもなかなかいい味出してるし、美人の転校生が優柔不断な先生に

どれだけグイグイ迫ってくるか見モノだと思います。

 

 

その他ワタシ的、教師と生徒の恋愛ものでおすすめの作品(集英社)

 

★ ひるなかの流星(やまもり三香)

獅子尾センセイの方がタイプだけど、馬村くんもカッコイイですよね〜。
恋の成就にはタイミングが大事だなぁと感じる作品です。

 

★ 先生!(河原和音)

主人公響のピュアさに心が打たれます。浩介や恵ら友達の存在感も光りますね。
実写版ではどんな感じになったんだろう〜。

 

★ センセイ君主

『ヒロイン失格』を読んだ後に読むとより一層面白いかも。
主人公あゆはの能天気で健気なところが可愛くて、つい応援したくなります。

 

★ I LOVE HER(いくえみ綾)

懐かしいのも入れてみました。私が初めて読んだいくえみ先生の漫画で
一番印象深く大好きな作品かもしれません。新ちゃん(先生)の一挙一動にドキドキ!

 

関連記事

古屋先生は杏ちゃんのモノ 3巻 の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

古屋先生は杏ちゃんのモノ 4巻 の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】