アシガール

アシガール ココハナ1月号 最新話(81話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

 

2018年11月28日(水)発売のココハナ1月号に掲載されている
アシガール最新の第81話(森本梢子)を読みました。

 

アシガール最新話(第81戦)のあらすじ

西の館の完成祝いも兼ねて、内内であらためて若君と唯の婚礼のおひろめをすることに。

久しぶりにおふくろさまや阿湖姫とゆっくり話ができた唯は
黒羽城で若君との婚礼の日を待っていたあの日に戻れたことを実感する。

いよいよおひろめの日、婚礼衣装に身を包んだ唯を見て大絶賛する天野家の人々。
(すでにかなりの親バカフィルターがかかっている)

殿様とお方様にも無事挨拶を済ませ、羽木家のみんなに祝ってもらえて
嬉しくて涙が止まらない唯。

 

男どもの酒宴がまだ続く中、唯と若君は第4回閨チャレンジへ。

シャンプーもボディーソープも忘れてきたことを悔いているところ
若君が寝室に入ってくる。
「まだ夜風は冷たい。風邪をひくぞ。」
「冷えたであろう。参れ。」

フツーの態度で臥所に誘う若君に対し、緊張して正座している唯。

「のう唯。思えばあの夜以来いろいろあったの。随分と時が経った気がする。」
「あの夜?」

「わしも長う待ったものじゃ」
「あ…」

”あの夜”って…(ふくとして一緒に過ごした夜のことを思い出す)

腹が決まったら参られよ 奥方様

はい!!

覚悟を決めて布団に飛び込む唯。
キスをし、素早く帯を解く若君。

やっぱり一瞬だけ待ってほしいと固まる唯だったが、
若君の匂いを感じて目を閉じる。

きゅんとして
ホッとして
幸せな気持ちになれる 大好きな匂い

 

その時、低い声で若君がささやいた。

ああ 唯の匂いじゃ

 

”ボディーシャンプーいらなかったな”

 

今回はここまで、次回ココハナ2月号に続きます。

 

アシガール最新話(第81戦)の感想

 

今回のお話…幸せがいっぱい詰まってて最高しか言葉が出てこないです。
これまで様々なことを一緒に乗り越えてきた二人、身も心も結ばれてよかったね♡

ラストのお互いの匂いを感じ、心休まるという描写がすごく良かったです!
生まれた時代は違ってもたくさんの時を過ごしてきた唯と若君、
恋愛感情ももちろんあるでしょうが夫婦としての信頼関係も芽生えているように思います。

おふくろ様や阿湖姫との会話も、これまでのことを思い返して
ジーンとくるものがありました。
キャラが濃い羽木家の人々、みーんないい人で大好きです。

 

その中で今回一番笑わせてくれたのは天野の父さん…

 

アシガール 81話

 

大事な婚礼おひろめの時に「唯之助様」って!!

やっぱりアシガールは面白い…!
これからも楽しみにしています。