アシガール

アシガール ココハナ9月号 最新話(77話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

2018年7月27日(金)発売のココハナ9月号に掲載されている

アシガール最新の第77話(森本梢子)を読みました!

 

アシガール最新話(第77戦)のあらすじ

唯が若君とともに戦国へ帰るつもりだということを知った唯の父と母。

若君は”姉はできるかできないかじゃなく、やるって人です”
という尊の言葉を思い出していた。

わしは少々考え過ぎて臆しておったようじゃ
思うまま ただやる。己の力を尽くすのみじゃ

唯を永禄へ連れて帰る決心を固めた若君は、唯の両親に許しを請うことに。

「わしは以前この地を発つ時、唯を必ずお返しすると誓いました」
「そう誓うておきながら今になってか様なこと申すは誠に身勝手ながら
どうか唯を伴い共に永禄へ戻ることをお許し願いたい」

この忠清 生涯妻はただ一人と決めております。
何があろうと一命をかけて唯を守り抜くとお誓いいたす

唯の両親を前に頭を下げてお願いする若君。

 

”親だったらそれを許すなど正気の沙汰じゃないかもしれないが
羽木九八郎忠清という清廉な人柄、彼が娘のことを何より大切に思っていること、
そして唯自身に1ミリの迷いもないことを知っている。
だから二人が決意したことをもう止めようとは思わない”

「唯をよろしくお願いします」
「若君がどうしても 戻らなきゃいけない立場だということはわかってますし」
「もし唯が残されたら この子は何がなんでも追いかけていくだろうし」

「…私たちこれでお別れなんて全く思ってないの」
「うちには尊がいるからな」

尊なら今度はきっとみんなで自由に行ったり来たりできるものを作ってくれる
という希望を持って、全力で応援することを決めた唯の父と母。
涙はなしで明るく二人を送り出す。

「では皆の衆、ちょっくら行ってきます!」若君に寄り添い、いきなり起動スイッチを抜く唯。
「そーだ尊、次のタイムマシン、クリスマスまでにはなんとかしてね。
若君とクリスマスイブにデートしてないことが心残り…」と言いかけて消える。

 

無事戦国の山中にたどり着いた二人。若君を黒羽城からさらって2ヶ月が経っていた。
ちょうど吹雪を連れた悪丸と出会うが、悪丸の馬泥棒(吹雪の奪還)がバレて追っ手が迫ってくる。

いきなりこれかー!!

若君を乗せた吹雪と悪丸の手を引いて、録合目指し全力で駆け出す唯。

 

今回はここまで、次回8月28日発売ココハナ10月号へ続きます。

 

アシガール最新話(第77戦)の感想

親目線で読むと少し切ない気持ちにもなる今回のお話。
ですが、子を信じ、またいずれ会えることを願って、笑顔で二人を送り出した唯パパとママは本当に素晴らしいです!

今回のわたし的ハイライト、

この忠清 生涯妻はただ一人と決めております…

のくだり、キューンときましたよー!!

若君はやっぱり全てが男前。
最初はおもしろい女子くらいにしか感じてなかった唯に対して
これほどまでに深い愛情と強い覚悟と抱くようになったその経緯を
また読み返したくなりました!

 

ついに戦国へ戻った二人。二人きりのラブラブタイムが始まるかと思いきや
山越え定番メンバーの悪丸が登場です。笑

若君はやっぱり和服の方がオーラがあっていいな〜♡
今回の扉絵、崖から現代の街並みを見下ろす若君が素敵すぎます。
現代にお別れをしているシーンなのかな?

 

アシガール ココハナ9月号 最新話(77話)の扉絵

 

無事録合へたどり着けるのかどうか、次号も楽しみにしています〜!

コミックス11巻は8月24日発売予定でこちらも待ち遠しいです♡