アシガール

アシガール ココハナ5月号 最新話(73話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

2018年3月28日(水)発売のココハナ5月号に掲載されている

アシガール最新の第73話(森本梢子)を読みました!

 

 

アシガール最新話(第73戦)のあらすじ

 

「かの人は 満月に 誰を想うー」

今月号の扉絵は、満月を見つめる若君の後ろ姿です。

 

山中で羽木一族との再会を果たす唯。

若君が志津姫と婚礼直前の状況にあることを聞き、

助け出すため黒羽城を目指して駆け出す。

その唯の後ろ姿を見送り、元気を取り戻す天野のじい(信近)。

 

黒羽城大手門前に到着した唯、婚礼での祝舞を命じられてきたあやめさんと偶然会い

城内に侵入するための秘策を授けてもらう。

 

城内では若君と志津姫の婚儀が始まろうとしている。

若君の端正な顔立ちを覗き見て、嬉しそうに照れる志津姫。

 

夫婦の盃の前に、一笠座の祝いの月光舞が始まる。

その中で一人ムーンウォークを披露する異質な芸妓に気づく若君。

 

この婚礼 許さんどー」「わらわは 月の唯姫じゃ

我が夫 忠清殿を迎えに参った!!

 

刀を抜きながら叫び、若君の前にあらわれる唯。

 

今回はここまで、次回ココハナ6月号に続きます。

 

アシガール最新話(第73戦)の感想

 

ラスト、めちゃくちゃ笑いました!さすが唯!!

切ない展開が続いていたけど、そういえばアシガールって

ラブコメだったと思い出させてくれた今回のお話。

 

唯は本当にみんなに愛され、助けられる星の下に生まれているんですね。

何かを成し遂げようとするとき、人との縁って大事なんだなぁと痛感します。

 

志津姫は予想を裏切らない冴えないお顔立ちで一安心。笑

ラストの芸妓に化けた唯の可愛さが引き立ってます!

(いや、可愛いというより格好良いかも!)

 

アシガール 73戦 芸妓の唯

 

 

若君が阿湖姫の兄君になりすまして高山に単身乗り込んだときのように

唯もこっそり若君を救出するのかと思いきや、バーンと派手に正体を明かしましたね

尊の便利道具が一式そろってるから強気でいけたに違いない〜。

若君まで刀を抜く事態になる前に、すんなり奪い去って欲しいです!

 

でも奪還成功した後は相賀が激昂するのは目に見えてるし

小垣に落ちてた唯の写真のこともあるしどうなるのかな〜。

 

まだまだ心配事はあるけれど、それでも若君の瞳に光が戻ってよかった!!

目に余るくらいの二人のラブラブぶりをそろそろ見たいです♡

 

2018年4月28日発売予定のココハナ6月号の『アシガール』では

表紙&巻頭カラーに加え、二本立てとのことで楽しみです〜!

 

アシガール ココハナ4月号 最新話(72話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】

アシガール ココハナ3月号 最新話(71話)の感想 ネタバレあり【おすすめ漫画レビュー】